山田哲 ヤクルト残留!FA目玉も宣言せず日本球界最長タイ7年契約

 ヤクルト山田哲人内野手(28)が、今季中に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留することが18日、分かった。19日に発表される。日本球界最長タイの7年35億円プラス出来高の超大型契約を提示され、この日、合意した。FA宣言すれば複数球団による争奪戦は必至だったが、「ヤクルト愛」を貫いた。

【表】山田の推定年俸の推移と打撃成績

今オフのFA市場で最大の目玉になると思われていた山田哲は宣言することなく、結論まで達した。決め手はヤクルトへの愛着だった。球団関係者は「宣言すればマネーゲームになるのは確実でしょう。チーム(ヤクルト)に迷惑をかけるのは嫌だ、という彼(山田哲)なりの思いがあったんじゃないかな」と、その心境を代弁した。

シーズン終盤から、球団側と残留交渉を重ねてきた。複数の関係者によると、ソフトバンクの柳田らに並ぶ日本球界最長タイの7年契約で35億円プラス出来高という提示を受けた。同時に宣言残留も認める方針を伝えられた。自身への球団の誠意に、山田哲は「凄くいい評価をしてくれていて感謝している」と親しい関係者には思いを口にしていた。

日本球界史上初の3度のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)達成者。FA宣言していれば、動向を注視していたとされるソフトバンクなど複数球団が獲得に名乗りを上げることが予想された。争奪戦は必至。さらなる好条件を提示される可能性が濃厚の中で、慣れ親しんだチームが示した「誠意」に心がぶれることはなかった。シーズン終了後も数回の話し合いを重ね、この日、最終的に合意に至った。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/46a4e15a25ba95fb8e8058fc5a2bdb443017af04

Twitterの反応は?

大型契約は吉と出るか、それとも…

【アンテナサイト・まとめサイトに登録!】

7年契約で35億+出来高払い。概ね40億円くらいでしょうか。これで生涯ヤクルトでプレーという可能性が高まってきましたね。ヤクルトというと、選手の待遇面であまりいいイメージはないのですが、これはかなりの英断でしょう。

【アンテナサイト・まとめサイトに登録!】
【PR】
芸夢最新情報
【アンテナサイト・まとめサイトに登録!】

実際に決まったからには怪我をしない、コンスタントに成績を残す……。看板選手としての集客効果もありますし、とにかく安定してプレーしてほしいですよね。

【アンテナサイト・まとめサイトに登録!】